PB商品が安い理由|PBとNPの違いについて詳しく解説!

PB商品が安い理由

店内

PB商品が安いのには3つの理由があった!

プライベートブランド(PB)の商品はここ20年でかなりの売上を上げており市場も大きく成長しています。このようにPB商品がたくさん売れるようになった大きな理由に価格の安さが挙げられます。実際にコンビニやスーパーに行くと、PB商品がNB商品よりも比較的安く販売されているのが分かります。ではなぜこのように価格が安く出来るのかについて、その仕組みを3つのポイントに絞り説明していきます。

1:広告などの宣伝費

通常、NB商品が販売される時には認知度や商品について知ってもらう為に、購買意欲を高めるようなPR戦略を立て、スーパーやコンビニに商品を納入してもらい売り場を確保します。しかし、PB商品の場合は売り場を自社で確保できますので、宣伝費やPR戦略を立てなくても陳列されるため、宣伝費にかかるコストをカット出来ます。この宣伝費は商品価格にも影響されるので、コストがかからない分商品価格を安く設定できます。

2:生産する際にかかるコスト

PB商品はメーカーに製造を委託している例と、発注する時に複数の業者にお願いすることで大量生産が実現でき、コストも安くできます。商品をどのくらい生産するのかは小売店が持つデータから予測して決定されますし、メーカーからしても製造した商品を全て買取ってくれることから赤字のリスクがなくなります。

3:流通にかかるコスト

PB商品は小売店が持つ流通網で全国に配送されるので、流通にかかるコストが削減できます。この流通網は大手小売店などは全国を網羅しているので、全国に商品を展開出来ます。流通にかかるコストもかなり高いので、このコストが削減出来るのはとても大きなメリットです。

PB商品を愛用している消費者の声

そこそこのクオリティで安く商品を購入できる

いままで買っていた商品が売り切れていたので、近くにあったスーパーの名前が入った似たような商品を購入したんです。かなり安かったので、少し品質に不安を感じていましたが、とても美味しかったですし、このクオリティならと今でもその商品を買っています。

コンビニブランドの食品が大好き

いつもはスーパーで食品を買うのですが、コンビニブランドの食品がとてもおいしくて、コンビニでも食品を買うようになりました。スーパーだけでなくコンビニも侮れません!

量販店ブランドの家具を買いました

大きな量販店でそのお店のブランド名がついた家具を購入しました。とても安いのに品質自体も普通の家具とあまり変わりないですし、なにより1人暮らしを始めたばかりでお金が無かったので、とても助かりました。

大量に飲み物を買うならスーパーのブランド商品

週末によくパーティやイベントをします。その時にお茶や水、ジュースなどを購入するのですが、なんといってもスーパーの飲料水は安いので、普通の商品ではなくスーパーのブランド商品を購入するようにしています。味もとても美味しいです。

今ではスーパー独自の商品ばかり購入しています

いつも買っている製品の隣りに似たような商品があったので手にとってみました。製造元を見たらいつも購入している商品と同じ製造会社でした。とても安すい価格だったので試しに買ってみたんです。そしたら味も美味しくて、今ではスーパーの名前が入った安い商品ばかり購入しています。クオリティが落ちている訳ではないので、得した気分になります。