PB商品のメリット|PBとNPの違いについて詳しく解説!

PB商品を作ることで小売店とメーカーにとってどんな利点があるの

PB商品のメリット

商品棚

小売店のメリット:そのお店にしかない商品

小売店がPB商品を販売する時に、商品を置くお店を自社店舗だけに限定出来るので、「そのお店にしかない商品」というブランディングが出来ます。他のお店では買えないので、プライベートブランドの商品がヒットすれば、その商品を目当てにしたお客さんが増えて、売上が上がります。プライベートブランドの商品は小売店で大量に仕入れるので、商品の価格設定を安くすることが出来ます。

小売店のメリット:小売店にある販売データから商品開発が出来る

小売店が持っている様々な販売データを元に、どのような商品の売上が良いのかなどを分析して、商品開発を行うことが出来ます。ターゲットはお店に直接足を運んでくれるお客様なので、ターゲットの販売動向をチェックして、それに沿う商品を生産できます。自社でマーケティングを行うことで顧客のニーズに合う商品を提供出来ることは小売店にとっても、メーカーにとってもメリットですよね。

メーカーメリット:売れ残る心配がない

メーカーは小売店からの依頼や、共同で開発を行ったりします。メーカーは商品を作るだけなので、売り場にコストをかける必要がありません。また、小売店は大量のPB商品を仕入れるので、メーカーで作られた商品が売れ残るというリスクもありません。このようにメーカー側にもメリットはたくさんあります。

メーカーメリット:宣伝費や販売にかかる費用を抑えられる

通常、商品を開発した後にその商品を宣伝して販売を行います。この宣伝にかかるコストはとても大きいです。しかし宣伝費を割くと商品の認知度が上がらず、商品の売上もなかなか上がりません。PB商品は宣伝を小売店が行うのでメーカーは宣伝にお金をかけずに済みます。

PB商品についてのよくある質問にお答えします

似たような商品で、PBとNBだったらどちらが良いのでしょうか。

基本的に製造をしているのはどちらもメーカー側なので、味の質で言えばあまり大差ありません。PB商品の方が比較的安く手に入るので、PB商品は良くないのでは?と思うでしょうが、そんなことはありません。どちらも質は同じくらいです。

メーカーは同じような商品をPB商品として作ることに対してどう思っているのでしょうか。

メーカーはPB商品とNB商品に若干の違いを入れていますが、敏感な人でなければ気づきません。しかし、NB商品はこれまでのブランド力や信頼がありますし、どこに行っても手に入るというメリットがあり、PB商品はそのお店にしかないものですので、シェアを奪われることもありません。PB商品が売れればメーカーにも発注が来ますので、逆にメーカーにとっても良いことですよね。

PB商品とNB商品の価格の差ってどのくらいなんですか?

例えばお菓子なら、設定価格自体が安いこともあるので10円から70円ほどの価格差があります。しかし、食品以外の商品の場合は1000円近く違いがある商品も多いので、その点に関しては、小売店の販売設定によって変わりますから、ぜひお店に行かれた際はチェックしてみてくださいね。

メーカーは大きなところでないといけないの?

有名な小売店で出されているPB商品は大きなメーカーさんに依頼しているものが多いですが、それほど知名度がないメーカーでもPB商品を作っています。中堅メーカーが小売店のPB商品を生産し、ヒットしたことで発注が増えて、メーカーにも注目が浴びた例はいくつかありますよ。